身近にあった怖いはなし1

わたしの友人でS子という子がいる。

昔は女優業をやっていた。

今はママでありながら、起業もして女社長。

仕事もできるし、一見凛とした見かけで凄くかっこいい。でも実は中身が変人。

お互い、芸の道を志す者同士いう共通点もあってか、S子と出会ったのは、だいぶ前だけどすぐに意気投合した。

普段、お互いの家が遠いのであまり会えないけど、たまに会うとなぜか凄くノスタルジックな気分になり、安心する。

そんな不思議な友達。

ソウルメイトなのかも!

S子は霊感が強くて、たびたび、不思議な体験をしている。

わたしはS子の不思議体験話が大好きで、会った時は大概、その手の話題になる事が多い。

先日S子に会った時に、そういえば中学生の頃に黒魔術とか流行らなかった?

という話になった。

確か、わたしも当時、その手の本を友達に借りて読んだ記憶があったけど、魔術に使う材料が

呪いたい相手の血とか死んだ獣のとか、普通じゃ手に入らないものばかりで、そもそも

できないじゃんて感じだった気がする。

よって決行していないので、黒魔術が本当に効くのかどうかは知らない。

S子は、

そういえば、わたし、人を呪う気持ちはないんだけど、嫌な事された相手とかになぜか不幸な事が起きるの

と。

長いので2に続きます。