頼りになる人ほど迷惑をかけてきた人。編

今回の診断内容は実にタイムリーでしたね。

休み明けの日曜の仕事で、

出勤してみたら、めったに会う事のない

お店の店長の第一声!

先週の金曜になにかしでかしたんだけど、覚えある?

と一言。

そのあとは、

再現してみてやら

どうなの?やら

とにかくその時思ったのは、

かがみんが、クレームを引いてしまった。

という事しかわからなかった。

その店長の最後の一言は

どうするの?

どういう意味でどういう意図の

どうするの?なのかわからず、

結局明日までに考えておいてと言われ、

そのまま帰っていった。

すでにこの時点で、退職の二文字が

頭に構築されたのは、いうまでもないですけどね。

ズバリ明日がになるんですけどね。

あとは、その店長の出方次第という事で。

今回の診断に当てはめるなら

のクラスが休講だったに当てはまるんだろうな。。。

接客業だからクレームはつきものだけど、

仕事が始まる前に、理屈で押さえつけられると

どうにもテンションが上がらない。

半面、店長という店長業も大変だな〜って感じましたね。

クレーム処理対応や日の売上、そして本部からの指示など

いろいろ責任を背負っているんですからね。

まあ今のお店の上長に余計な仕事を

少しでも軽減するためにも、

かがみんは、今のかがみんに合った仕事を探してみようと

考えております。

でも、1つよかったことがあった。

常連さんから、何かあったら連絡してきな!って

お名刺をいただけた事。

何よりの心の支えになったかな!

誰にでもミスはつきもの。

いい加減な気持ちで、クレームにしたわけではなく、

懸命にやった結果が、クレームになってしまったんだと

自分では理解している。

かがみんの中では

どうして、クレームになったのかが重要ではなく、

これからどうクレームを防止するかが重要だと

思っております。

だからこそ、同じ様な事を繰り返さない為にも、

慎重に仕事をしてみよう。

というわけで

今回の診断結果は

あなたが周囲に迷惑をかけるパターン

人と足並みがそろわない時に、

迷惑をかけやすくなるものです。

思い浮かべた理由から、

あなたのパターンを探ってみましょう。

曜日を間違った。

カン違い

解説

曜日を間違えたと思うのは、ふだんから

うっかりミスが多い証拠かもしれませんね。

ほんのひと手間を惜しんで、確認を怠ってしまうのが

原因かもしれません。

また、甘い見積りで失敗する事もあるかもです。

気持ちに余裕をもって行動をすることが解決策かもですね。

場所の変更があった。

上の空

解説

場所が変更になったことにも気が付かないのは、

人の話を聞き流している可能性が高いようです。

言った言わないの水掛け論でもめたり、

行き違いがあったりしそうですね。

大半は、あなたに原因があるかもしれません。

メモや復唱の癖をつける事から始めましょう。

クラスが休講だった。

マイペース

解説

クラスが休講だったことに気が付かないのは、

あなたが自分のリズムで生きている証拠ですね。

習慣や手順を崩さないために、周りがあなたに

合わせるしかなくなることに。

もう少し融通を聞かせると、周りのみんなと

うまくいくかもしれませんね。

みんな寝坊した。

頑固さ

解説

みんなが寝坊した。と考えているあなたは、

無意識に自分は絶対に正しいと思い込んでいます。

このため、知らず知らずに、思い込みで周囲を

振り回したりしてしまう事が。。。

不確定な情報を流しやすい傾向にありがちですね。