元プロテニス選手・杉山愛さん 流産、人工授精、体外受精…40歳で出産

元プロテニス選手・杉山愛さん 流産、人工授精、体外受精…40歳で出産

7/28(金) 12:11配信

読売新聞(ヨミドクター)

「年齢的なリミット」に焦り…必死だった時間との勝負

――出産されたのは、40歳と3日目だったとか。

 本当は30歳代で出産したかったのですが、結果的に40歳代の人にも元気を与えられたように思います。

――流産や不妊治療、それに前回話していた選手時代のスランプへの対処もそうですが、杉山さんは、気持ちの切り替えが非常にうまいですね。

 いやいや、今だからこう言えていますが、決して簡単なことではなかったです。

 選手時代には、年齢を重ねるごとに気持ちの切り替えはうまく出来るようになっていきましたが、妊娠に関しては別でした。失敗すれば落ち込みますし。流産した時も1か月ぐらいどんよりした雲の中にずっといるような気分で、「何がいけなかったんだろう」などと自分を責めたこともありました。

 年齢的なリミットを考えると焦りも出てきます。不妊と闘っている人たちは時間との勝負だから、時間が過ぎれば過ぎるほどゆったりと構えてなんかいられない。もう本当に必死でした。

杉山愛【すぎやま・あい】

 1975年、神奈川県横浜市生まれ。4歳でテニスを始め、7歳からプロを目指す。15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位。1992年、17歳でプロに転向。グランドスラム(GS、四大大会=全豪、全仏、ウィンブルドン、全米)大会などで活躍、GSのシングルスでは2000年全豪、04年ウィンブルドンでベスト8入り。ダブルスでは00年全米、03年全仏とウィンブルドンで優勝を果たした。GSのシングルス連続出場62回は世界記録。プロテニス女子での自己最高ランキングはシングルス8位(04年)、ダブルス1位(00年、日本人初)。五輪にも4回連続出場した。09年、34歳で現役引退。現在はスポーツキャスター、コメンテーターとしてテレビなどで活躍。情報番組の「スッキリ!!」「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)などに出演中。また、自らが代表を務めるテニスアカデミー「パーム・インターナショナル・スポーツ・クラブ」などで、後進の指導にもあたっている。

【関連記事】

松本明子さん・肛門から胃の手前まで…4キロの詰まり物

南野陽子さん、45歳頃に体調変化…「来た、来た!これが更年期?」

小雪さん発言炎上に思う 産んでも産まなくても、誰かに何かを言われます

小島慶子さん  マンションから飛び降りようとしたとき、夫が…

大谷直子さん…抗がん剤治療で体重33キロ