権力と名誉

そんなもの持ったからと言って

なんだというのか。

とか何とか言ってもねーとか思うのかもだけどー

この頃の政治のニュースをぼんやりと見ていると

権力と名誉を持った人のなれの果てが

あんな風なのかと思うと本当に意味がないと

つくづく思う。

総理大臣というのは政治家になったら目指したいところなのだろうか?

そして総理大臣になったら自分の周りに好きな人だけおいて

文句を言わせない空気を作り

仲の良い人にはお金で優遇。

税金は国民のものじゃなくお友達のためのもの。

好きなだけ自由にできる、だって1兆や2兆使うって訳じゃないんだからね。

ほんのすこしだけだよ。全部合わせてほんの数千億なんてね〜

お金の単位が違うのね庶民と総理大臣とは。

国民に免罪符を渡すのは私の方だ。当たり前だろ。

でもね、総理大臣様免罪符を出すのは国民の方だよ。

私たちが許さないと言ったらそれまでです。

そして今現在国民の大多数が許す気がないのをご存知だろうか。

周りにいる人が王様が来ている服はとても上等なものですから

下が何を言っても気にしなくてもいいですよ。その通りにして

そのまま裸で歩いていたとするならそれは裸の王様です。

黙っているけど笑いをこらえて口を押えているだけで

本当はその恰好でまだ王様をするつもりでいるの?

そんな風に思っています。

権力と名誉。

それをうまく扱えないのなら持たない方がいい。

権力と名誉をもって血迷った人を

目の前にしてああなったらいけないと反面教師にしたいものです。

広告を非表示にする